DX

経営メッセージ

弊社は、『今までできなかったことをやる』という企業理念のもと、お客様に最新のデジタル技術を活用した支援を提供することで、企業価値の向上に貢献し、社会の発展に寄与することを目指しています。
デジタル化の加速は、企業にとって大きな変革の機会と同時に、大きな課題も伴っています。
こうした状況下において、弊社は情報通信分野におけるアドバイザリーとして、デジタル戦略策定支援や情報システムの導入支援を推進しており、例としてお客様とのコミュニケーションにおいて、オンライン上で完結する仕組みを作っています。
また、社内で活用しているオンラインシステムの活用状況を分析し、社員の業務実態に即したツールの導入を推進しています。
今後は、デジタル化への取り組みをさらに強化し、従業員一人一人が常に新しい技術を学び、スキルアップしていくことで、生産性と質の高いサービス提供を目指します。

代表取締役社長 佐野 翔一

DX推進方針

 弊社企業理念として掲げている『今までできなかったことをやる』を実現させるべく、社内のDX化を推進することで自社社員に業務のDX化のナレッジを蓄積し、お客様への支援に繋げます。

経営ビジョン

様々な場面におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の重要性を理解し、自社のビジネスを変革していくうえで必要となる戦略の立案・実行に対して、多角的に実践していくことを目指します。
社内に蓄積したDXのナレッジを活かし、DXの目的に合わせ、ビジネス全体に働きかけられるよう業務プロセスのDX化を行っています。

ビジネスモデルの方向性

デジタル技術習得のための教育、組織作りに取り組むことで、自社DX化を推進します。さらに自社の取り組みを通して蓄積したナレッジをもとに、お客様の求める戦略の立案・実行の支援に繋げていきます。

DX戦略

  1. クラウド型のサービスを活用した社内の業務改革
     例:勤怠管理システムの導入
  2. オンライン上での社外とのやり取り
     例:デジタル名刺の活用

デジタル技術を用いたデータ活用

  1. 社内のコーポレート業務をオンライン上で完結させ、効率的に運営する。
  2. 社外とのオンラインコミュニケーションのための環境を整備し、移動時間・移動のための費用を削減

DX推進体制

当社は、2023年10月付で、DXの推進を強化するため、社長直轄のDX推進部を新設しました。
各部門から人材を集結し、全社でのDX推進に取り組んでまいります。

社内環境の整備

社員1人1人にPCを貸与し、デジタルツールを使用するための環境を整備しています。
また、社員が業務効率化のために希望するシステムやツールを定期的にヒアリングし、DX推進部内で導入の有無について検討の上、適宜導入しています。

DX推進指標

  1. 勤怠管理システムの活用率、入力率が100%
  2. 紙の名刺交換率30%、デジタル名刺交換率70%(年単位)

サイバーセキュリティに関する対策

2021年11月にISO/IEC27001の認証を取得し、以降毎年の審査を受け認証を更新中です。
<認証登録番号:IS 750442>
また当社のホームページに情報セキュリティ基本方針を公開しています。

 

2023年10月 代表取締役社長 佐野 翔一
改訂履歴:2023年7月19日
2023年9月29日
2024年 4月30日